スタッフBLOG

ごみ焼却の現場を見てみよう!「高槻クリーンセンター」見学会

_S8R9721

こんにちは、オープンたかつきです。

11月26日、「高槻クリーンセンター」の見学会をオープンたかつきで開催させていただきました。

毎日なにがしかのごみって出ちゃいますよね。
仕方ないけれど、誰かがこれを何とかしてくれている。
それを学ぶための、ちょっとまじめな見学会です。

_S8R9736はじめにクリーンセンターの紹介をしてくださり、ごみの量や分別の大切さを教わりました。そしていよいよ見学へ。

「見学の前に、今日はお子さまも多いので遊んでいきませんか?」とクリーンセンターの延平さん。
???となっている私たちに、「外にゲームがありますので遊びましょう」
と案内してくださったそこには、手作りのゲームがありました。
釣りのゲームでは、釣った獲物である自転車や雑誌、CDにDVDなどを
「燃えるごみ」「リサイクルごみ」などに分別していきます。
ほかにも、イライラ棒を使って焼却炉を上手に動かすゲームだったり、
上手にごみを分別して街を襲う怪獣を倒す戦隊ヒーロー風のゲームだったり。_S8R9784わかりやすく、そして楽しくお勉強できるゲームだったのです。しかも手作り。
こどもたちは楽しそうにというかむしろ真剣にゲームを楽しんでいますが、
遊びの中でも記憶は残るでしょうし、素敵な仕組みだなあ、と思いました。

ファミリーでの参加が多かったので、
このコーナー、休日のアミューズメントパークっぽくて、見ているだけで和みました。

さて、いよいよ見学です。
大きな大きなごみピットを見学しました。大きなというか、深い深いですね。
1日200台やってくる収集車から放り出されたごみをためるところです。
そこにUFOキャッチャーの何百倍もの大きさのクレーンがガシューンとごみをつかみ、
焼却炉へとつながる入口へごみを移動させています。_S8R9918映画とかで、こういうところに落っこちるシーンとかありますけど、
絶対助からないと思う規模。
「毎日点検してるんでそんなこと起こりません」とおっしゃってましたけど。

さて、そのごみが燃やされる焼却炉も見学。
何千度にもなる熱で燃やしているのでもちろん近づけませんが、またもや映画みたいな炎でした。

クリーンセンターの大きさやダイナミックさに目をきらきらさせているのは、
お子さまだけでなくパパさんたちも!
同じような目で同じ角度で見学されているファミリーって、
わ!似てる!
そんなシーンを今回何度も見かけました。
仕事を忘れて、ちょっとおもしろかったことの一つです(笑)_S8R9828

ごみの収集車の重さを測る装置でクイズもしました。_S8R9892優勝された方をみんなで祝福。おめでとうございました!

まじめな見学会なのですが、こどもたちがいっぱいいて楽しくて、
またクリーンセンターの方々もご参加くださった大人の方々もみんなやさしくて、
なんだかとってもほんわりした見学会でした。
ご参加くださった皆様、高槻クリーンセンターの皆様、ありがとうございました。_S8R9941

キーワード:関連するキーワードはありません。

Copyright 2016 公益社団法人 高槻市観光協会 All Rights Reserved.

↑
×